探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-う-


ヴァン・ダイン,S・S(S・S・Van_Dine)

本名ウィラード・ハンティントン・ライト。1887年(明20)、アメリカのヴァージニア州生まれ。
セント・ヴィンセントやポモーナのカレッジで学んだのち、ハーヴァード大学院で英語学を修めていたころには学業優秀につき、褒賞給費生となる。
1907年(明40)、「ロサンゼルス・タイムス」紙の文芸批評担当者となり、その傍ら、本名で美術評論家、文芸評論家として「近代絵画論」「絵画の将来」「ニイチェの教理」「創造的意志」などを発表。
1912年(大1)、「スマート・セット」の編集長に就任。
1916年(大5)、自伝的純文学小説「前途ある男」を発表。
1923年(大14)、神経衰弱に倒れ、暇な時間を利用して2,000冊以上の探偵小説を読破したことがきっかけとなり、探偵小説を執筆したという伝説がある。しかし、実際には純文学が売れずに自棄になった結果、麻薬中毒となり、借金をつくってしまい、借金をかえすために探偵小説を執筆したという。最初の三作の前金として支払われた3,000ドルは、過去五年間に稼いだ金額を越えていた。
1926年(大15)、本名を隠し、「ベンスン殺人事件」を「スクリブナー・マガジン」に掲載。刊行後はベストセラーとなる。ペダントリーをちりばめた作風で、心理分析中心の探偵法が斬新。
1927年(昭2)、「カナリヤ殺人事件」を刊行。
1927年(昭2)、探偵小説傑作集「The_Great_Detective_Stories」を編纂。
1928年(昭3)、「グリーン家殺人事件」を刊行。1934年(昭9)には「ミステリ・リーグ」の読者投票で第一位を獲得。1937年(昭12)には「新青年」の作家翻訳家投票で第四位を獲得。
1929年(昭4)、森下雨村により「新青年」に掲載された「探偵新作家現はる」により日本に初紹介される。また、1929年(昭4)、平林初之輔により「グリイン家の惨劇」として「グリーン家殺人事件」が「新青年」で訳される。その後の作品も刊行、即座に邦訳され、小栗虫太郎浜尾四郎などに影響を与えた。
1929年(昭4)、「僧正殺人事件」を刊行。
1930年(昭5)、「甲虫殺人事件」を刊行。
ヴァン・ダインの探偵小説二十則を唱え、古典的本格派として有名。すぐれた探偵小説を書くのは生涯六篇が限度と語っていたが、12篇の長編を残した。
1939年(昭14)、冠状動脈血栓で死去。贅沢な暮らしのため、死後の遺産はほとんど残っていなかった。


ヴィドック,フランソワ-ウージェーヌ(Francois-Eugene_Vidocq)

1775年(安永4)、フランスのパ・ド・カレ県アラス生まれ。犯罪者であり、警察官、私立探偵。
紙幣偽造の罪で懲役8年の刑を宣告されるが、脱獄と投獄を繰り返す。
1809年(文化6)に密偵となり、1812年(文化9)には犯罪社会の知識を買われ、刑事となった。
1817年(文化14)、保安部特捜斑の主任捜査官に就任。
1822年(文政5)、バルザックと交友を結ぶ。
1827年(文政10)に辞任し、1829年(文政12)には「回想録」を出版。
1933年(天保4)、パリで世界最初の私立探偵事務所を開設。
ポーが創造したデュパンや、ガボリオディケンズコリンズに影響を与え、「探偵小説の父」ともいわれる。
1857年(安政4)、死去。


ウェルズ,H・G(Herbert_George_Wells)

1866年(慶応2)、イギリス生まれ。
ケンジントン科学師範学校で、生物学者T.H.ハックスリーから進化論の新しい仮説を学び、のちの科学小説執筆の素養をつくる。
1895年(明28)、「タイム・マシン」でデビュー。
1898年(明31)に発表した「宇宙戦争」は、1938年(昭13)にオーソン・ウェルズがラジオで放送したところ、火星人が攻めてきたと信じた人々が大騒動が起こした。
ヴェルヌと並ぶSFの開祖。「SF=サイエンスのフィクション」をテーマにした作品をつくりだしたが、のちにリアリズム小説に転じた。
フェビアン社会主義運動や国際連盟設立にも尽力。
1946年(昭21)、死去。


ヴェルヌ,ジュール(Jules_Verne)

1828年(文政11)、フランスの港町ナント生まれ。
アレクサンドル・デュマと知り合い、演劇に熱中。
1836年(天保7)、「気球に乗って五週間」を発表。これはフランス写真術の開祖で、気球船「巨人号」を建設中のナダールに触発されて書いたものである。
1887年(明20)、「仏・曼二学士の譚」が森田思軒(羊角山人)によって訳される。
ウェルズと並ぶSFの開祖で、SFに冒険性を付加。
1905年(明38)、死去。

幻影城掲載誌:19/


ウォー,ヒラリー(Hillary_Waugh)

本名ヒラリー・ボールドウィン・ウォー。1920年(大9)、アメリカのコネティカット州ニュー・ヘブン生まれ。イェール大学卒。別名エリッサ・グランダウワー、H・ボールドウィン・テイラー、ハリー・ウォーカー、R・フォンティーヌ。。
1947年(昭22)、「奥方は今夜は夕食なし」を発表。
1952年(昭27)、「失踪当時の服装は」を発表。
1959年(昭34)、「ながい眠り」を刊行。
1961年(昭36)、「事件当夜は雨」を発表。
1964年(昭39)、「失踪者」を発表。
1972年(昭47)、アメリカ探偵作家クラブの会長就任。
1981年(昭56)、スウェーデン犯罪作家アカデミーのグランドマスター賞を受賞。
1989年(平1)、アメリカ探偵作家クラブ巨匠賞を受賞。
コネチカット州を舞台に警察の捜査を描く。

幻影城掲載誌:46/


潮寒二(うしお・かんじ)

本名飯田実。1910年(明43)、東京西新宿生まれ。実家は西新宿の地主だった。別名紅東一、城崎竜子、浅山健二、飯田武州、海野三平、潮寛二。
1932年(昭7)、「逃亡した死体」を「漫談」に発表。
1958年(昭33)、矢野徹と合作で、堀井赤万名義で「惑星から来た女」を「探偵実話」に発表。
1981年(昭56)、肺癌のため、死去。

幻影城掲載誌:8/


海野十三(うんの・じゅうぞう)

本名佐野昌一。1897年(明30)、徳島生まれ。早稲田大学理工学部卒。大学時代に「野球界」に漫画漫文を執筆していたことがある。
ペンネームは麻雀の名人だった氏が後輩から麻雀で運と実力の比率を問われたとき、「運の十さ」と答えたことに由来する。本名でも執筆。別名京人生。逓信省電気試験所勤務。小栗虫太郎が近所に住んでいた。
1927年(昭2)に執筆し、1928年(昭3)、栗戸利休名義で「無線と実験」に掲載された「壊れたバリコン」が事実上の処女作。ただし、この作品は「科学画報」の懸賞科学小説の選外佳作となった「謎の短波無線局」を改題したもの。しかし、「しゃっくりする蝙蝠」が処女作だという説もある。
探偵小説としては、延原謙の紹介で、1928年(昭3)、「電気風呂の怪死事件」を「新青年」に掲載。しかし、この作品は「新青年」編集部の本郷春台郎が書き直したものだと伝えられる。また、この作品は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第四号(1928年版)」に収録される。
1931年(昭6)、「新青年」にて六ヶ月連続短編を連載。
本格探偵小説偏重の風潮を否定し、通俗スリラーや1931年(昭6)に「新青年」に掲載された「振動魔」や、「火星兵団」(1941年(昭16))などのジュブナイルSFのように、H・G・ウェルズに影響を受けたSF的傾向のある作品が多い。トリックがあるSFミステリーでも、トリックが現実的な次元を突き破って、想像を絶するものに飛躍している。
1932年(昭7)、「爬虫館事件」を「新青年」に発表。
1934年(昭9)、「人間灰」を「新青年」に発表。
1934年(昭9)、南沢十七とともに、科学知識普及評議会で知り合った木々高太郎に小説の執筆を勧める。
1935年(昭10)、「三人の双生児」を「新青年」に発表。
1936年(昭11)、「深夜の市長」を「新青年」に発表。
1937年(昭12)、「蝿男」を「講談雑誌」に発表。
1937年(昭12)、小栗虫太郎、木々高太郎との共同編集で「シュピオ」を創刊。
ほかに丘丘十郎の別名のスパイ小説「見えざる敵」(新青年)がある。
海軍関係の作家団体「くろがね会」の世話役をしていた関係で、戦時中の1942年(昭17)には海軍報道班員を勤め、軍部に対して協力をする一方、内務省情報局の探偵作家弾圧を和らげようとはかった。戦後は自殺を考えるが思いとどまり、戦争犯罪人として追放された。
1947年(昭22)、角田喜久雄との共同筆名である青鷺幽鬼名義で「能面殺人事件」を「ぷろふいる」に発表。
1947年(昭22)に「新選探偵小説十二人集」に発表した「雨夜の事件」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1948年版」に収録される。
1948年(昭23)に発表した「夜毎の恐怖」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1949年版」に収録される。
「科学恐怖の夢」を描き、SFの先駆者である。生まれ故郷徳島に碑が立てられている。
1949年(昭24)、結核のため死去。

幻影城掲載誌:1/5/9/作家が語る探偵小説観/日本長編推理小説ベスト99/別冊幻影城未刊行リスト/


戻る進む